アニメやゲームの仕事をこなせる声優になるため専門学校に通おう

  1. ホーム
  2. 授業内容の例

授業内容の例

男性

マンガの専門学校では、漫画家としてデビューするために必要なさまざまな知識、テクニックを習得することができます。マンガ家としてデビューするためには、画力はもちろんストーリーを考案する発想力や引き出しの広さ、構成力が必要となります。マンガの専門学校では、さまざまなカリキュラムからこれらの技術を習得していき、最終的にはマンガ家としのデビューにつなげていきます。

具体的に用意されているカリキュラムは、以下の様なものがあげられます。まず、絵の基礎を学ぶデッサンやクロッキーなどです。デッサンでは、対象物の形や構成、構図を正確に捉えるための見方、技術を学んでいきます。クロッキーでは、短い時間で対象物の形を捉える技術を学んでいき、画力の基礎を築いていきます。さらに、背景を描くのに欠かせないパースを学ぶ授業や、マンガ原稿の製作に不可欠なスクリーントーン技法、ペン技法などを学ぶ授業が用意されています。これらの授業を通して、マンガを描く際に必要な画力を身につけていきます。

次に、ストーリーを作るためのノウハウを学ぶ授業があります。ストーリーを作るためのアイディアの出し方、構成の整え方などは、独学ではなかなか学べないものです。専門学校では、それらの技術を効率よく学んでいくことができます。こうしたストーリー作成のコツを学ぶことは、漫画家だけでなく小説家やライトノベル作家、シナリオライター、脚本家など幅広い職種への進路にも繋がります。