アニメやゲームの仕事をこなせる声優になるため専門学校に通おう

  1. ホーム
  2. 基礎から学べる

基礎から学べる

マンガ

マンガは、今や世界的にも誇れる日本独自のポップカルチャーです。日本のマンガには、子どもから大人までが楽しめる作品が揃っており、その作品の充実ぶりは海外からも注目されています。そんなマンガを読むだけでなく、自分でも描いてみたい、作り手になりたいと考えている人も増えてきています。そんな人は、マンガの専門学校に入学して、漫画家デビューへ挑戦することもできます。

マンガを描くために必要な技術や知識を学べる専門学校は、日本各地にあります。大手の専門学校から最近開校したばかりの学校までがあるので、カリキュラム内容や学費、アフターフォローなどの要素で専門学校選びをしていきましょう。マンガを描くのに必要な技術は、おおまかにいうと絵を描く技術(画力)と、ストーリーを発案する発想力、構成力です。この2つの技術を効率よく学ぶためには、専門学校でプロの指導を受けたほうが早いのです。これらの技術は、マンガをたくさん読むことや絵の練習を頑張ることである程度身につけることができますが、独学で学ぶと視野が狭まったりするケースもあります。専門学校では、プロの指導者や同じ目標を持つ友人たちから刺激を受けたりアドバイスを受けたりして、視野を広げながら技術を習得することができます。また、マンガの投稿や持込のノウハウ、自身のマンガを効果的にアピールするためのテクニックなど、マンガの技術以外の必要な技術もしっかりと学ぶことができます。