アニメやゲームの仕事をこなせる声優になるため専門学校に通おう

マイク

専門学校にしかない魅力

声に特徴がある人は天性の才能であり、他の人にはない魅了のボイスであり声優に向いています。専門学校では、プロのスキルの習得、基礎基本からの学習、他チームとの協力して作品制作などの魅力があります。

声優になるために

女性

年々人気が高まっているのが声優ですが、実際に声優になるためにはかなりの苦労が伴ないます。まず、通常は専門学校に通ったり、養成所に通って声優になる為の訓練を積まなければなりません。もちろん、専門学校は当然として養成所に通う場合もコースや通う学校によって学費は変化しますが、2年間通った場合は150万円以上必要になる場合もあります。カリキュラムを修了しても、プロの声優としてアニメやゲームの仕事もできるようになるためには専門の事務所に所属する必要があります。それなりの実績や人脈を築いた後なら独立してフリーランスになっても仕事を得ることは可能な場合がありますが、新人でフリーランスになった場合は仕事にありつくのは非常に困難だといえます。通常の方法で声優を目指すのは、それなりの対価が必要になってしまう場合が多いので特殊なオーディションを受けて特別待遇で業界入りすることをお勧めします。

声優になった場合はオーディションは必ずついて回るもので、アニメやゲームの仕事を得るためにも、その都度オーディションに参加する必要があります。もちろん、専門学校から事務所に所属するためにもオーディションに参加する必要があります。つまり声優になった場合は無数のオーディションを行う必要があるということです。ただ、数あるオーディションの中には一般から人材を募集するものも存在します。それは現在の声優はアイドルやタレントと類似したような存在になっているため、演技力などよりも、可愛さや人に好かれるための処世術が重要になっている傾向がありますので、そういった条件を満たした人々を頻繁にオーディションを行って募集しているのが現状です。もちろん、素人参加型のオーディションの場合は参加費無料で演技経験なども不要な場合が多いですし、オーディションに受かればCDデビューやアニメ声優デビューが特典として付いてくる場合が殆どですので鳴り物入りで業界入りすることができます。

マンガ

基礎から学べる

マンガを描きたい、漫画家としてデビューしたいと考えている人は意外に多いもの。そんな人が必要な知識や技術を修得するためには、マンガの専門学校に通うことが一般的な手段といえます。

男性

授業内容の例

マンガの専門学校に通うとなる際、気になるのがカリキュラム、授業内容ではないでしょうか。専門学校ではマンガを描くために必要な技術を、さまざまな授業から学ぶことができます。